流通加工のメリット

05020181331

流通加工のメリット

流通加工は、流通時に顧客の要望に応じて、何らかの加工作業を行うことである。製
品の再梱包や値付けなどが製造元から最終的に小売店や消費者へと渡される製品の仕
上げを行うほか、近年は検品や組み立て、商品の小分け、タグ貼り、セット商品の製
造など多様化している。これらを流通段階で行うことにより、出荷元および小売店で
の加工が不要となり両者のコスト低減に繋げることができる。特に輸入製品などは流
通コスト削減のため、小売店向けの最終梱包はされていない場合が多く、最終的に物
流拠点でこれらの加工が行われるため、流通加工が重要な存在となっている。また物
流拠点は、消費地より比較的、郊外にあるため広い加工場が使用できるため加工作業
に適しており、多くは倉庫会社や物流会社が担っている。流通加工を利用する場
合、一定の大規模ロットである必要があったが、そのニーズの多様性から小ロット化
に取り組んでいる業者も多くなっている。その理由としては、IT技術による在庫管理
の発達が影響している。また、小ロット対応を行っている会社によっては、梱包や値
付け、検品のほかインターネットショップ向けの商品撮影などを行ってくれるところ
もある。インターネットショップを営む場合など、これらを流通加工で外注すること
により、専用の人員を配置する必要がないため、コスト削減に繋げることができ
る。
≪流通加工≫

- 08:55 -

詳しい内容はコチラから