流通加工と関西

05020181331

流通加工と関西

流通加工は流通の段階で、その商品に加工を施すことである。加工といってもさまざ
まなものがあるが、いずれにしても製品の物流コストの低減に役立てることができる
ため、広く使われている。例えば、製品の梱包や値付けなどがある。これらを流通段
階で行うことにより、納品先が異なった場合などに納品先に合わせた梱包、値付けが
できる。またこれらを製造元が出荷段階で行わなくて済むので、在庫リスクをも低減
することができる。また流通加工では、単なる梱包、値付けなどのほか、場合によっ
ては製品の最終組み立てや、補修、大容量の容器から販売段階の容器への小分け、タ
グ付けやラベル貼り、検品、検針などの製品の品質チェックのほか、複数の商品の再
梱包や贈答用詰め合わせ作りなど多様化している。特に輸入製品に関しては、流通コ
ストを下げるために最終的に小売店や消費者への引渡し状態への加工を物流拠点で、
行っているため、この流通加工は重要な存在となっている。流通加工が行われるの
は、主に倉庫会社や運輸業者が行っている。関西では大規模港湾施設および空港のあ
る神戸市や大阪市の湾岸部に多くあるが、内陸部でも高速道路沿いにも行われてい
る。関西での加工は、一般の再梱包のほか、食品加工なども手がける業者も多く存在
している。
≪流通加工 関西≫

- 08:55 -

詳しい内容はコチラから